top of page
Yakitori Barbeque (BBQ) being grilled by street food store in Shinjuku, Tokyo, Japan..jpg

いらっしゃいませ
                 🙇‍♀️

Asian Town
尼崎 やきとり
eYakitori

こんなお店が尼崎にあったんですかってよく驚かれます

0485353C-27F5-440F-8CC1-82C008E6F263.jpeg

ご挨拶

皆様、ようこそ鳥栄にお越しくださいました。3年前に3代目としてこのお店を世襲させて頂きました。わたしは焼き鳥を天職と思う人間のもとで元気に生まれ、誇りを持って育ちました。その先代の味、心、焼き方、捌き方、磨き、を受け継ぐためにそれなりの修行はしてまいりました。

 

お客様によくお聴きいたします。『焼き鳥やさんをあける人って、簡単に店をオープンできるんって思ってはるやろう〜ねー』って、確かにお店を開けるだけという事は簡単です。しかし、わたしどもの様なお店を築くことは至難の技、思念と歴史と時間が労いたします。イタリアのワインの歴史を見ても、京都で何十代と受け継ぐ家系の重さはさほど深いものと信じます。

わたしが育ったやきとり匠はミシェランで星を獲得する様な奥深い追求や念を求めるフランス料理のシェフとか、ただ美味しいものを追求される方と同じ様にこだわりの職人技を持ち続け、いつも良い味を追求して、決して良いものをお出しするという精神には怠怠りを見せない姿勢とその奥深さを学ぶ謙虚な職人の背中を見てきました。正直、そんな甘いものではございません。まだ、至らぬ点、未熟なところも多々あることと存じます。しかし、この姿を忘れぬ様、精一杯、努力と精進をして頑張っていきたいと思います。

 

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。 ​店主

Sky
美味しい店関西 予約取れない店
Small Street in Japan
eYakitori
Japanese Tea
Osaka Umeda Yakitori Best Charcoal
amagasaki yakitori.jpg
Why Toriei ?

本物の味をお試し下さい
インスタントの時代でも純粋を追う

鳥栄は"先代" が築き上げた"タレ"の味を約60年間、工夫、苦労しながらその味を一心に守り抜き今日に至っています。

「タレは生き物」と初代の女将が言う指導と焼き鳥に関するワザの伝授を守り抜いています。それは、まるで何百年と続く京都の和菓子職人の代々受け継ぐ精神に似たものかもしれません。焼き鳥屋は簡単に店を開けれます。しかし、本当に美味しい焼き鳥屋はそんな甘いものではございません・・・

 

うちのタレは、お子様からお年寄りまで、どなた様にも愛される味を日々目指して努めて参りました。

私たちの焼鳥は日々、機械生産でない事。全てが手作りで、国産がほぼ100%占めます。そのために新鮮さもお届けできております。

 

インスタントパックや古いものを冷凍して再度販売する様な事はございません。そのために、作れる生産数にも限りがございますので完売する事もございますが、どうぞご理解を頂ければ幸いです。

 

昔からの味を守り抜き、全力を尽くしお客様に喜んで頂ける味作りを目指しています。

 

鳥ドン、うちのタレのもも焼き、手羽を自宅に土産頂く場合、お客様の好みは翌日のお弁当と言う事を沢山のお客様からお聞きします。

私たちの焼鳥は冷めても美味しいとお客様に言って頂いてます。

Yakitori

他店にない味をどうぞ喜んで賞味下さい。

ひと昔、何故この様な食肉や食材の製造法が大変化されたのか?右を見て左を見ても、安い焼鳥を販売する過程が多すぎる。たまたま映っていた鶏肉の製造過程のドキュメントがNHKで流されました。うちの子供は涙ながして心を痛め、視ていました。鶏の監獄と言わざる得ない無残な生産の仕方に心を叩かれました。

食肉の生産の過程とは、人間の健康や安全など全く無視、ただ単に利益だけを出せれば良いもの。寄って多くの店棚に並ぶ鳥肉のパックは、中国産、タイ産、アメリカ産などです。

 

これら、原料になる潰されて虐待される鶏肉とは、お日様を見ないで育つと言われています。

一切運動する事もなく、ホルモン注射や抗生物質等をふんだんに打たれ、早くにドンドン肉身を膨らませ、大きくさせて太らせて売る事が目的な業者が多いことが残念に現実です。

 

まるで檻箱の中に閉じ込められた囚人同様のように・・・

私たちの体に入ると元気になる、なるべく自然、なるべく無添加、なるべく化学薬品ないもの、お野菜もフルーツもなるべく、ローカル等を目指しております。

 

 

best tsukune.jpg
Welcome to Torie !
クレド.jpeg
bottom of page